投げたら投げっぱなし式! 

PS3版WWE SmackDown vs Raw 2010で復帰を目論む、ヘタレなオンライン女子レスラーが綴ります。 プロレスラー疑似体験の楽しさを誰かに! なんて思いつつ、何も面白い事はないですから!Σ( ̄ロ ̄; と腰が引けてるブログ。WWE SmackDown vs Raw 2011も懲りずに参戦中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

その時私はプロレスラーになっていた! 2

最初に、私の分身になってくれる、プロレスラーを作りました。
立派なオンラインプロレスラーになるため、すっごく重要な下積み。
私なりに、女子レスラーとしてカッコイイビジュアルを苦心して考えました。
宝塚通の、男性的カッコよさを持った女子選手じゃない、女らしいカッコよさを持った選手!
顔の造りから、体系、コスチュームまで、作ってはオフラインで試合して確認、修正。
様々な操作ボタンに対し、豊富な技の中から、好きなものを選んで当てはめていきます。
見た目が派手。
凄く強そうな技。
必殺技はどれにするか。
素敵な技が多くて目移りし、あれもこれも・・・と悩むのです。
何度かオフラインで試合をこなして、操作を覚え、オンラインの舞台へ。

ロビーには挨拶もそこそこに、対戦相手の募集が飛び交っていたと思います。
用意された部屋にいけば、そこには対戦さんがお待ちになっている訳です。
「よろしくおねがいしますw」
って、今なら文末についた「w」に多少不安になれる感じのご挨拶を頂いて試合開始。

現れたレスラーは、両腕が地に付くくらい長い人でした。Σ(@w@;
そのお方はめちゃくちゃンボタンを連打し、突撃を仕掛けてきます。
ダウンしても起き上がりパンチを振り回して立ち上がり、とにかく攻撃ボタンを押す事で貯まる「必殺技ゲージ」をチャージしていきます。そして、彼の必殺技が発動し・・・唖然の内に試合は終わりました。

私が過去に遊んだ事のあるプロレスゲームは、序盤から大技を狙うと成功しにくいとか、技を連打するとスタミナが切れちゃうから、ペース配分を考えて・・・なんて、戦いが試合に近づく為にシステム的に管理された部分があったけれど、このゲームにはそれがまったくなかったのでーす!
エディットも自由だから、返されにくい技、威力の大きい技ばかりを装備する事も可能。
体格も自由だから、手足を長くしてパンチやキックの射程を広くする事も可能。
『これはちょっと面白くないかも・・』なんて思ってしまう訳だけど、そんな対戦ゲームとしては破格な程におおらかなこのゲームだからこそ、そしてこれがプロレスゲームだからこその、素敵な出会いが私を待っていました。(*‘ω‘*) v
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。